久遠千歳

久遠千歳さんの以前の活動、引退後の現在の活動を紹介します。

VTuber紹介

にじさんじより、2019年1月8日にデビュー。同年8月31日に引退。

不老不死の女の子。 卯月コウの”鍋ラップ”の完コピや、しょぼんのアクションでのリアクション等”にじさんじ”らしい面と表現力豊かな歌声のギャップに魅了された人も多い。

投稿するMVは一流のミュージシャンのそれであり、引退した現在は歌動画のみが試聴できる。

引退したバーチャルライバーでは現在登録者数最多。(2019年12月現在13.2万人)

中の人・魂・前世

プソ山プソプソ、rei sirose(@_reiuy)、【現在の活動】EMA(@eumza1)

根拠

高い歌唱力、唯一無二の特徴的な歌声が一致。

4名とも公開しているMV、そのアートワークに高い類似性がある。

久遠千歳としてのVtuber活動が止まっていた7-8月に数多くの歌動画がrei siroseのTwitter上にアップされていることからも、関連性が伺える。

またKAMITSUBAKI STUDIOプロデューサーPIEDPIPERからDUSTCELLボーカルのEMAがVTuberとして活動していたこと、また現在の活動に至った経緯について公式に発表された。




情報

2015年からニコニコ動画に歌ってみた動画を投稿開始。

活動初期の動画はニコニコ動画のアカウント「プソ山プソプソ」で公開されている。

参考:「プソ山プソプソ」公開マイリスト

その後活動の幅をYouTubeに広げ、rei sirose名義で多くの歌ってみた動画を投稿しており、最も再生されたTwig/大沼パセリのカバー動画は300万回以上の再生数を記録した。

また、Twitterにのみアップされた動画も多い。

久遠千歳としての活動を2019/8/31に引退し、歌動画のみが現在も再生できる。

EMAとしては、作詞・作曲を行うMisumiとの二人組ユニットDUSTCELLとして2019/10/11に初動画が投稿された。

10/18の花譜一周年生放送”花と椿と君。”にて、花譜、カンザキイオリ達とともにYouTube発のクリエイティブレーベル”KAMITSUBAKI STUDIO”に所属することが発表され、にじさんじを引退して新たな形で活動を始めたVTuberが今までいなかったこともあり、大きな話題になった。

おすすめ動画

プソ山プソプソ:だんだん早くなる【歌ってみた】

V魂の管理人
V魂の管理人
今の声とは少し異なり幼さの残る歌声が楽しめます。

rei sirose: 贖罪【歌ってみた】

V魂の管理人
V魂の管理人
メッセージ性の強い儚い歌声と、メッセージの塊のような歌詞が見事にマッチし、公開から1年以上経ちましたが、再生回数、この曲を聴いた人の贖罪のコメントが今も増え続けている彼女の代表曲の一つです。この歌の力に引き寄せられようにコメントしてしまう、そんな曲です。

EMA: DUSTCELL-CULT【初投稿MV】

V魂の管理人
V魂の管理人
「彼女」の声がまた聴けることを喜ぶコメントが多く見られます。DUSTCELLでの動画以外に、EMAの個人チャンネルでも歌動画が投稿されています。